住宅地の環境について考える

住宅地の環境がいいか悪いかはそこに住んでいくうえで極めて重要なことです。誰もが住宅地の環境が良ければ住み心地がいいものです。逆に環境が悪いと我慢ができなくなり、転居を考えるでしょう。

良い住宅地の環境を考える時にテーマはいくつもあります。すなわち、閑静であることや、交通アクセスの便が良いこと、空巣などに狙われなく、夜道を安心して歩くことができる、近くに交番があるので安心することができる、周りの景観が美しい、近くに公園屋緑地がある、図書館や郵便局などの公共施設があるし小学校がある、ほとんどの住宅に人が住んでいる、などです。

逆に悪い住宅の環境はまさにこの反対で、騒音や排ガスがある、交通の便が悪く電車の駅から出ているバスの本数も少ない、近所で空巣に入られる住宅があり、パトカーも巡回していないし交番も遠い、夜道が物騒で、しかも人が住んでいない空き家が多い、ゴミゴミしていて緑や公園が無い、近くに幹線道路があるので道の横断が危険である、地価が異常に高いので地上げが心配、小学校までの道が遠く、近くには訳のわからない学校があり若者が道端でたむろしている、などでしょう。

このような住宅の環境について徹底的に良い住宅環境と悪い住宅環境についてのテーマを設けていろいろと紹介したり解説をしたりします。

住宅地の環境について考える

住環境を良くするもの

住環境を良くするものは色々ありますが、良い住環境は重要です。

住環境を悪くするもの

住環境を悪くするものは色々ありますが、治安が悪いのもその一つです。

住宅地の環境はそこに住む人には大切な条件です。

住宅地の環境について考える住環境を良くするもの住環境を悪くするものサイトマップ